• ホーム
  • 女の早漏は珍しくない!場数を踏んで早漏防止

女の早漏は珍しくない!場数を踏んで早漏防止

男は射精といって、体の外に精子が出てしまう現象があるので、早漏という現象がわかりやすいですが、実は女の早漏というのもあるのです。
女の早漏は、男性と性交渉をする際に、指で愛撫される、また挿入をされると時間を置かず、オーガズムの快感を得てしまうことです。
女性はオーガズムを感じる人と感じることがない人といますので、感じることができるというのは、感度がよくとても精神的にも満たされいいことであるといえます。
しかし、女性がオーガズムを感じてしまうと、その後は過敏になり過ぎて、少しの刺激でも痛みを感じてしまうようになり、性交渉を継続できないという場合もあるのです。
それが女の早漏である場合の一番の問題です。
このような症状を抑えるために、早漏防止をするためにどのようにしたらよいのでしょうか。
その方法の一つに場数をふむという方法があります。
女性の場合は、場数を踏むとそれだけ妊娠のリスクがありますので、注意が必要です。
不特定多数の男性と性交渉するという意味ではなく、大切にしてくれる彼に早漏であることを理解してもらい、その早漏防止をするために場数を踏みたい、性交渉の数を重ねていきたいと主張することが大切です。
彼ならば、あなたにどんなことをすれば、オーガズムを感じることができるのかわかるはずです。
またお互いに性生活を楽しむために協力的になってくれるでしょう。
はじめは早漏防止のためにわざとオーガズムを感じない方法で愛撫することもいいでしょう。
それで早漏防止ができれば、徐々に愛撫の仕方を変えていけばよいのです。
次第に慣れてくると、強弱や雰囲気などで、早漏をコントロールすることも可能になります。
早漏を克服するためには、お互いの協力と理解が大切なのです。