リドスプレーの副作用

泣いている男性

リドスプレーはリドカインという成分を主成分に配合してスプレーにした医薬品で、ED治療に多大な効果をもたらします。
早漏防止スプレーとしても効果があります。
使い方としては性行為の二十分前前後くらいに男性の性機能の部分にスプレーしていきます。
スプレーをした直後から効果がではじめるので、人気は高いです。
洗い流したとしても1時間から2時間ほど効果が持続しますので、効き目は長めでパニックにならずにすむことで利便性は高いです。

リドスプレーには安全性が高いと言われ、通常使っている限りでは問題は報告されていません。
なのでどなたでも使うことができます。

なのでリドスプレーの副作用としてあげられる症状は現在のところ存在しないといえますが、注意事項はあります。
リドスプレーを付けすぎた場合においては性機能の感覚が鈍化し、性機能が一時的に低下する可能性があります。
リドカインは主に局所麻酔に使用される成分なので、麻酔薬のようなものともいえます。
なので多量の使用は影響がでる可能性はないとはいえません。
適量をスプレーしていくことで防ぐことは可能です。
いわゆるオーラスセックスの際には口などにしびれを覚えることがありますので注意します。
皮膚が過敏な場合にはかゆみや炎症などの症状が出る可能性があるため、症状が出た場合には治るまでは利用しないこととされます。